政府が「デフレ」による経済への悪影響への危機感

ここでは、政府が「デフレ」による経済への悪影響への危機感 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


政府が「デフレ」による経済への悪影響への危機感を強める一方、日本銀行は20日の金融政策決定会合で景気の現状認識を上方修正するなど、政府と日銀の間のデフレを巡る認識の違いが際立ってきた。

 日銀の白川方明総裁は記者会見で、物価下落について「かなり長く残る可能性が大きい」との認識は示し、「(政府と)経済、物価の認識について、差異があるとは全く感じていない」と述べ、政府との温度差を否定した。だが、「デフレ」という表現は避けた。

 日銀は現時点では、物価下落と景気悪化が連鎖する「デフレスパイラル」に陥る可能性は低いと見ており、物価安定の下で自律的な回復軌道に向かうとの見方を崩していない。12月末にコマーシャルペーパー(CP)や社債の買い切りなど異例の措置を打ち切ることを決めた日銀にとって、政府が求める追加的な金融緩和策に踏み切ることは、金融政策の誤りを認めることにもつながりかねず抵抗感が強い。

 一方、政府内には「デフレが非常にきつくなっている」(亀井金融相)との危機感が高まっており、菅経済財政相も「日銀との協調、金融面からのフォローを期待する」と述べ、金融緩和圧力は強まりつつある。

 日銀は「現在の極めて緩和的な金融環境を維持する」(白川総裁)として、超低金利政策の継続による景気下支えを約束している。

 政府は今後、新たに設置する日銀との定期協議の場などで政府との協調を強く促すと見られ、日銀が難しい判断を迫られる局面も予想される。

【関連記事】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091120-00001378-yom-bus_all



デフレーション
デフレーション(deflation)とは、物価が持続的に下落していく経済現象を指す。 デフレとも呼ぶ。物価の下落は同時に貨幣価値の上昇も意味する。同じ金額の貨幣でより多くのものを買えるようになるからである。なお、株式や債券、不動産など資産価格の下落は通常デフレーションの概念に含まない

インフレーション
典型的なインフレは、好況で経済やサービスに対する需要が増加し、経済全体で見た需要と供給のバランス(均衡)が崩れて、総需要が総供給を上回った場合に、これが物価の上昇によって調整されることで発生する。物価の上昇は貨幣の価値の低下を同時に意味する。同じ貨幣で買える物が少なくなるからである。 好況下での発生が多いが、不況下にも関わらず物価が上昇を続けることがあり、これをスタグフレーションと呼ばれる。





【無料お楽しみコーナー】

無料PV動画視聴
ワンピースなんでも情報館
芸能・スポーツ・ドラマ・政治・事件の気になる話題
面白動画なんでも館
うちのワンコ画像集
掲示板総合ページ


無料でネット収入GET!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは~

デフレ、色々物が安くなるのはいいけど
お給料安くなるのは困るよね!
子どもたちに、明るい未来を~^^

(^▽^)ノ凸
2009/11/21(土) 14:26 | URL | つよまめ #-[ 編集]
こんばんU・ω・)ノワフン
短期的なデフレはうれしいけど
これが続くとなると、経済成長もみこめないし><
早く政策なんとかして欲しいですよ

(´∀`)b
2009/11/21(土) 18:00 | URL | ぶい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chibiruru.blog35.fc2.com/tb.php/282-d1c7ed99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。